スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<過労死控訴>障害を考慮し労災を認定 名古屋高裁が判決(毎日新聞)

 心臓に障害を持つ愛知県豊橋市の小池勝則さん(当時37歳)が死亡したのは、勤務先の家電量販店の過重労働が原因だとして、妻友子さん(40)が労災認定を求めた訴訟の控訴審判決が16日、名古屋高裁であった。高田健一裁判長は身体障害者の労災認定について「平均的な労働者でなく、本人(の障害の程度)を基準に考えるべきだ」とし、業務と死亡の因果関係を認定。

 原告側の請求を棄却した1審名古屋地裁判決を取り消し、労災を認定する判決を言い渡した。

 専門家によると、過労死訴訟判決では「平均的な労働者」を基準に労働が過重だったかどうかを判断するのが一般的で、身体障害者について本人の障害程度を判断基準に示した判決は極めて珍しいという。

 1審判決は、心疾患のリスクが増えるとされる時間外労働は月45時間だとして、小池さんが月33時間の時間外労働をしていたことについて「心停止を発症させる原因になり得るほど過重だったとはいえない」と認定した。これに対し高裁判決は、身体障害者雇用促進法などで障害者の職務が過重とならない配慮が求められていることを示したうえで「業務による負荷が過重かどうかの判断は小池さん本人を基準にするべきだ」と指摘。

 小池さんの業務を過重労働だったとして死亡との因果関係を認めた。

 判決によると、心臓に障害を持つ小池さんは97年に身体障害者手帳(3級)の交付を受けた。00年11月に家電量販店に身体障害者枠で採用、店内での販売業務をしていたが、同12月、不整脈で死亡した。友子さんは01年11月に労災認定申請をしたが、豊橋労働基準監督署は不支給としていた。【高木香奈】

【関連ニュース】
記者過労死:原告の請求棄却 東京地裁
公務災害:教諭自殺の背景 生徒の暴力認定 大阪地裁
労災認定訴訟:記者の労災認めず 糖尿悪化死亡、業務と関係否定--東京地裁
労災認定訴訟:記者の労災認めず 時事通信社社長室の話
公務災害認定訴訟:「生徒暴力で教師自殺」認定--大阪地裁判決

隠したはずが襟元から釣りざお…現行犯逮捕(読売新聞)
30、40歳代引きこもり珍しくない 「高年齢化」にどう対応するのか(J-CASTニュース)
日米関係悪化を懸念 鳩山政権に不満も(産経新聞)
足利事件遺族に謝罪=「真犯人逃し、時効経過」-栃木県警(時事通信)
スーツケースから出火、一時騒ぎに=ヘアアイロンが原因か-成田空港(時事通信)

「強盗」演じ、復縁図る=私立大生の男2人逮捕-大阪府警(時事通信)

 大阪府枚方市の女性(21)宅に侵入したなどとして、府警枚方署は15日、住居侵入などの疑いで、同市甲斐田町、関西外大4年坪倉篤志(21)、大阪府吹田市千里山東、関西大4年足達康宏(21)両容疑者を逮捕した。2人とも容疑を認めているという。
 同署によると、坪倉容疑者は女性と交際していたが、最近、別れ話を切り出され、幼なじみの足達容疑者に強盗を演じるよう依頼。同容疑者が女性宅に侵入した直後に助けに入り、気を引こうとしたという。 

【関連ニュース】
手柴死刑囚が病死=建設会社社長ら2人殺害
時効撤廃・延長法案が参院通過=5月中に成立、施行へ
大型スクーターでひったくり=被害品の処分役複数か
白タク運転手ら7人逮捕=元仲間を監禁容疑
上田容疑者、8回目の逮捕=連続不審死、詐欺容疑

<手塚治虫文化賞>マンガ大賞に山田芳裕さん「へうげもの」(毎日新聞)
普天間5月決着「絶望的」 ささやかれ始めた鳩山首相の「次」(J-CASTニュース)
「概算要求で個別提言できれば望ましい」―民主・介護議連会長(医療介護CBニュース)
開かずの門、400年ぶり開く=解体修理、足利尊氏逃げ込む-京都・東寺(時事通信)
裸の撮影「虐待ととらえず」=介護老人施設側が会見-宇都宮(時事通信)

バスの中で仮眠…運転手、寝過ごし3便運休(読売新聞)

 川崎市交通局は9日、市バス井田営業所(高津区)の男性運転手(45)が、バスの車内で仮眠をとっていて2時間近くも寝過ごし、3便が運休したと発表した。

 同交通局によると、運転手はこの日午前6時過ぎから同9時半にかけて5便を運行。その後、営業所の車庫にバスを止め、次の出発時間まで1時間のつもりで最後部の座席で仮眠を取ったが、営業所の職員に起こされるまで約3時間も眠り込んでいた。

 乗客から苦情はなかったが、市交通局は主要バス停におわびを張り出した。運転手は「少しでも疲れを取ろうとしたら、こんなことになってしまった」と反省しているという。

飲酒運転し追突、神奈川県議逮捕(時事通信)
棋聖戦 深浦が挑戦者決定戦進出(産経新聞)
中国で死刑判決 首相が「残念」 懸念表明なし(産経新聞)
運転免許取り消し処分者 飲酒日記 義務付け 警察庁 秋からモデル講習(産経新聞)
力士暴行死 時津風前親方に懲役5年 名古屋高裁は減刑(毎日新聞)

<アムネスティ>中国大使館前で死刑執行停止求めアピール(毎日新聞)

 中国が日本人4人の死刑執行を通告したことを受け、国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル日本」(東京都千代田区)は5日夜、東京都港区の中国大使館前で、死刑執行停止を求める緊急アピールを行った。

 アムネスティ日本の職員が要請文を読み上げ、今回の死刑執行停止のほか▽死刑の執行状況の情報公開▽薬物や経済犯罪の死刑の適用除外▽公正な裁判を受ける権利の保障--などを求めた。

 要請文を大使館のポストに入れた後、「停止執行死刑」などと書いたボードを掲げ「中国政府は直ちに死刑の執行を停止してください」などと呼び掛けた。

 アムネスティ日本は6、7日も同様のアピールを行う予定で、「深刻な人権問題。日本政府は中国政府に執行停止を働きかけるべきだ」と話している。【松本惇】

【関連ニュース】
中国:日本の国民感情に配慮 死刑囚と面会
埼玉保険金殺人:八木死刑囚の再審請求棄却 さいたま地裁
菅副総理:「死刑執行」に懸念表明 会談で中国首相に
中国政府:3邦人近く死刑執行 外相、駐日大使に懸念
死刑:中国で1000人以上執行 アムネスティが報告書

「橋下新党」へ新会派発足=22人が参加-大阪府議会(時事通信)
全国体力テスト、参加率18%に=事業仕分けで86%から低下-文科省(時事通信)
<アフガニスタン>不明の常岡さん グルジア取材でも拘束(毎日新聞)
<教科書検定>ページ25%増「脱ゆとり」対応(毎日新聞)
自白の裏付け不足を自己批判…足利事件で警察(読売新聞)

小学教科書検定 「“ゲット”って何?」気になる検定意見(産経新聞)

 教科書検定審議会が申請本に付けた膨大な検定意見の中で、気になるものを拾ってみると…。

 6年社会上では、日韓併合後に「日本語で教育される朝鮮の子どもたち」とされた写真に「『子どもたち』とするのは不正確」との意見が付いた(東京書籍)。実際には農村の国語講習会で、大人も含まれていた。同じ写真が平成15年度検定ではパスしていた。

 1、2年の生活では、章のとびらにカマキリをふざけて顔に乗せた男の子の写真が使われたが、「安全について必要な配慮を欠いている」と指摘。女の子がつららを目にかざす写真に変更された。

 4年の理科では、昆虫写真家の今森光彦氏をインタビュー入りで2ページを使って紹介。身近な自然に関心を持つことの大切さを伝えたが、「特定の写真家の宣伝になるおそれがある」とされ、ほとんど削除された。

 4年の国語では、「チョコレート工場の秘密」を紹介する読書案内で、「びんぼうなチャーリーが(中略)工場への招待状をゲット」と説明。これに「理解しがたい表現」と意見が付いた。「ゲット」は小学生が好きな「ポケモン」ではよく使われる表現だが、教科書では認められないようだ。

【関連記事】
小学教科書検定 官房長官、竹島記述「正確に記述、何ら問題ない」
小学教科書検定 算数、理科を文系教員にも優しく
小学教科書検定 年越し派遣村、裁判員…最新の話題に言及
小学教科書検定 伝統文化尊重、ページ数増で「ゆとり」決別
小学教科書検定 神話など伝統文化増えるも、自虐史観は残る
あれから、15年 地下鉄サリン事件

「おごり一掃」「信頼回復」…入社式、再生託す(読売新聞)
若林元農相、江田参院議長に辞職願(読売新聞)
<新型インフル>水際対策の効果「限定的」 国際チーム解析(毎日新聞)
立ち入り9割超で違反、公表制度の創設検討 高円寺ビル火災受け報告書(産経新聞)
答申無視の派遣法改正、労政審が異例の抗議へ(読売新聞)
プロフィール

みやけとしゆきさん

Author:みやけとしゆきさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。